[Houdini] Mantra 設定 まとめ

houdini_MantraHoudini

Houdiniの標準レンダラーであるマントラを使用したレンダリング時の設定をまとめました。

(Houdini FX Version 18.0.287)

レンダリング速度の最適化

Mantra側 設定

Rendering>Sampringタブ

PixelSamples
下げれば下げるほどレンダリング時間は短縮できます、反面ノイズは多くなります。テストレンダリングは低めに設定し、本番レンダリングではノイズを取るために上げます。
8*8程度に上げるとノイズはほとんど除去出来ると思います。
レンダリング時間を気にしなければ、この値を上げれば上げるほどノイズは低減します。

・Min Ray Samples
この値を上げてみてもノイズは取れます。
上記のPixelSampleよりレンダリング時間の影響は少ないので、PixelSampleを上げる前にこの値を調整してみてもいいかと思います。

RayVarianceAntialiasing
チェックオフで少しレンダリング時間を短くできる、暗部にノイズが増加します。

NoiseLevel
0.001など下げればノイズ軽減出来る、レンダリング時間は増加します。

StochasticSample
半透明のアルファ部分のクオリティー、上げればノイズ減る、時間は増加します。

Rendering>Limitsタブ

ReflectLimit 
反射回数初期値は10になっているので、反射のない物なら1に下げればレンダリング速度早くなる


RefractLimit
屈折回数初期値は10になっているので、屈折のない物なら1に下げればレンダリング速度早くなる

モーションブラーの設定

Mantra側 設定

Renderingタブ

AllowMotionBlurにチェックを入れる。
GeoTimeSample以上に設定する。

モーションブラー

カメラ側 設定

Samplingタブ内

ShutterTimeでシャッター速度を調整する。大きいほどボケ幅が広がる。

motionblur

被写界深度(DOF)の設定

Mantra側 設定

Renderingタブ

EnableDepthOfFieldにチェックを入れる

被写界深度

カメラ側 設定

Samplingタブ

ForcusDistanceで焦点距離を調整する

DepthOfField

レンダリング解像度の設定

Viewタブ

Resolutionで解像度を指定

DepthOfField

Houdini Apprenticeではレンダリング解像度は
1280×720 に制限されていますので注意が必要です。

Apprenticeの制約は下記にまとめています。こちらもご覧くださいませ↓

OPEN EXR形式のファイルを8bitに変換する方法

Mantraレンダーでデフォルトの書き出し形式である、OPEN EXR形式32bitフォーマットを8bit形式で保存するには、、

EXR形式のファイルを(アルファチャンネルとして読み込むで)フォトショップで開いた後、
イメージ → モード → 8bit/チャンネル(A)…
露光量とガンマにして8bitにコンバートします。

以上、[Houdini] Mantra 設定 まとめ でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました