[SubstanceDesigner] リアルな血痕マテリアルをつくる

SubstanceDesigner

サブスタンスデザイナーを使って血痕、血の跡テクスチャの作成方法を紹介します。

最終的には、ゲーム用にエフェクトデカール等で使用する
テクスチャを作る事を想定しています。

(SubstanceDesignerバージョン2020.1.3(10.1.3))

全体構成

(画像クリックで拡大します)

ノードの全体構成はこんな感じになっています。

この血痕マテリアルを構成する要素は大きく4つに分けて作ることにしました。

・輪郭(シルエット)

・ぼかしSlope

・カラー

・Normal

それではさっそく制作方法を解説していきます。

輪郭

(画像クリックで拡大します)

円周上にまばらに散らばる小さな血痕

Shapeで縦に長いDiscを作り、SplatterCircularのPatternをInputとして、
 放射状に配置します
Polygon2で星型を作り先程の放射状のラインとBlendします。
EdgeDetectで輪郭をとって小さな血痕のPattern1とします。

・通常のShapeのDiscとWarpで歪めたDiscを共にPattern2.3として
 先程のSplatterCircularのInputとし、円状に配置します

各パラメータは以下の通りに設定しました、参考にしてください。


SplatterCircular_1

Pattern Amount5
Ring Amount3
Pattern PatternImage Input
Radius Position0.22
Radius Random Position0.05
Angle Random Position1.0
Size Size0.04 0.3
Size Random Size1.0 0.1
Scale Size1.39
Scale Random Size0.39
Scale by Ring Number Size1.0
Invert Ring Number SizeTrue

SplatterCircular_2

Pattern Amount25
Pattern PatternImage Input
Pattern Input Number Pattern3
Radius Position0.58
Radius Random Position0.45
Angle Random Position1.0
Size Random Size0.71 0.68
Scale Size1.3
Scale Random Size1.0

中心の大きな血痕

・大きな血痕も同じようにSplatterCircularで作成します。
 それをBlendで合成して、血痕のシルエットとします。

・このままでは輪郭がぱっきり出すぎるので、
 染み込んだ血を表現するために少し輪郭をぼかします。
 Distanceで輪郭を少し拡張し、BlurHQ GrayscaleでぼかしてBlendします。

SplatterCircularの各パラメータは以下の通りに設定しました、参考にしてください。

Pattern Amount64
Ring Amount3
Pattern PatternImage Input
Radius Position0.22
Radius Random Position0.05
Angle Random Position1.0
Size Size0.04 0.3
Size Random Size1.0 0.1
Scale Size1.39
Scale Random Size0.39
Scale by Ring Number Size1.0
Invert Ring Number SizeTrue

ぼかし Slope

(画像クリックで拡大します)

Normalで使うためにインナー側をぼかします。
 InvertGrayscaleで反転させたノードを、Distanceにつなげ、
 内側に縮小し Blendすると中央にかけてのグラデーションができます。

・ほんの少し輪郭をぼかすためにSlopeBlurGrayscaleで輪郭をずらします。

カラー

(画像クリックで拡大します)

PerlinNoiseClouds3Blendしてカラーの情報量を増しておきます。
GradientMapでカラー付けします。

Normal

(画像クリックで拡大します)


・輪郭を元にしたNormal(大)と、GaussianNodeから作ったNormal(中)
 Shapeを元に作ったNormal(小)NormalCombineで合成します。

・順番的には大きいものから、小さいものの順で情報量を増していくように作るといいと思います。

Clouds2Blurでぼかした物でSlopeBlurGrayscaleして
 細胞上の画像を作って Normal(小)(マイクロノーマル)
 BlendしてTileSamplerでランダムに散らします。

Tile Samplerの各パラメータは以下の通りに設定しました、参考にしてください。

X Amount40
Y Amount40
Pattern PatternPattern Input
Size Random Size0.4 0.4
Scale Size4.44
Scale Random Size1.0
Position Random Position10.0
Rotation Random Rotation1.0
Color Random Color1.0

調整

・あとは既製のマップを微調整してラフネスなど作れば完成です。

BOOTHにて販売中です

BOOTHにて100円にて販売中です

【Substance】 血痕・液体 【マテリアル】 - だんごむししょっぷ - BOOTH
サブスタンスデザイナーで制作したリアルな血痕マテリアルです。 ゲーム用にダメージエフェクトテクスチャ素材等として 使用していただければと思います。 カスタムノード等は使用せず、 SubstanceDesigner標準の機能のみで制作しましたので、 サブスタンスデザイナーを使用する方であれば、 色の変更や、シェイプの調整...

↓↓↓SubstanceDesignerのマテリアル作成例 こちらもどうぞ↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました