[Houdini] お手軽 ターンテーブル の作り方

Houdini

Houdiniでカメラを360度回転させて
お手軽にターンテーブルを作る方法です。

(Houdini FX Version 18.0.287)

Cameraノードの親にNullを追加

・カメラの上にNull(ロケーター)をつなげることで親子関係を作ります。
 Nullの子供がCameraとなるようにします。

Nullを回す

・NullのTransformのYRotateのパラメーターに
 ($FF-1)360/$FEND
 と入力します。

この状態でシーンを再生、タイムラインをスクラブさせると、
エンドフレームまでにカメラがNullを中心に一回転します。

実際にはNullを回転させることで、
Nullの親子関係の子となるCameraも一緒に回っているだけです。

応用として、
($FF-1)360/$FEND*2でカメラが2周(720度回転)します
($FF-1)360/$FEND/2でカメラが半周(180度回転)します

$FENDとは、タイムラインの最終フレーム数を表す変数です。

変数は他にも、たくさんあります
よく使う変数として下記のようなものがあります。

$F・・・・・・現在のフレーム数
$FF・・・・・・現在のフレーム数(浮動小数点)
$FSTART・・・タイムラインの開始フレーム数
$FEND・・・・タイムラインの最終フレーム数
$T・・・・・・秒単位での時間数

ちなみに"$"は”ダラー”と読みます

このようなグローバル変数は簡単に入力できて便利ですね。

以上、[Houdini] お手軽 ターンテーブルの作り方 でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました