[Houdini mini tips] アンビエントオクルージョン(AO)をリアルタイムで確認する

Houdini

SideFX Labsツールの一つ、
calculate occlusion(旧Sop calculate occlusion)ノードを使えば、
アンビエントオクルージョンをレンダリングする事なく、
リアルタイムで確認することが出来ます。

ノードの全体図

calculate occlusionノードを下につなげるだけです

設定

Occlusion Settings

Number of Rays
レイの数を設定します。数が多いほど、スピードを犠牲にして品質が高めることが出来ます

Bias
出力の値をシフトします。数値を小さくするほどより強い影を落とします

Advanced 高度な設定
Maximum Ray Distance
レイを飛ばす最大距離を設定します。
遠くにある物体が原因で起こるAOのアーチファクトを除去するのに便利です

Cone Width
サンプリングの幅を設定します
数値を大きくするとより広範囲に影が落ちます

Output

Output Occlusion as Color(Cd)
PointsのCd(カラー)チャンネルに書き込むオクルージョンのトグル

Occlusion Attribute
出力名を設定できます。

Output curve
白から黒への出力曲線

Smoothing

Method
ぼかし方を選択できます

Influence Type
影響力のタイプを決定します

Blurring Iterations
ぼかしの繰り返し回数 精度を設定します

Blur Size
ぼかしのサイズ ぼかす距離を定義します

以上 [Houdini mini tips]アンビエントオクルージョンの焼き込み でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました